高脂血症やがんの症状を改善|医学の最先端をsearch

看護師

がんを治療する

患者

がんが不治の病と言われていたのは過去の話で、近年は医療技術の発達によって様々な治療方法が登場しており徐々に治すことができる病気になりつつあります。一般的に行なわれているがん治療として挙げられるのが、がんの腫瘍を手術で摘出する外科治療と抗癌剤を使ってがん細胞にダメージを与える化学療法と放射線をがん細胞に照射する放射線治療の3つです。この3つのがん治療は3大がん治療と呼ばれていますが、近年は新たに4つ目のがん治療が登場して注目を集めています。4つ目のがん治療は免疫療法と呼ばれる治療方法で、人間が本来持っている免疫機能を高めてがん細胞を攻撃させるという治療方法です。
体内にはナチュラルキラー細胞やマクロファージと呼ばれる免疫細胞が存在しており、体内に侵入したウィルスや細菌に攻撃を加えてくれます。また、このようなナチュラルキラー細胞やマクロファージは異常な細胞を攻撃するという機能も備わっているので、がん細胞が発生した場合は攻撃して死滅させてくれます。これまで行なわれてきた免疫療法はこのような免疫細胞を活性化させることによってがんを治療させようとしましたが、大きな成果は得られませんでした。しかし、近年はがん細胞に対して特異的に集中して攻撃を仕掛けさせる免疫治療が行われるようになり、高い効果を発揮しています。このような免疫療法のことを特異的がん免疫療法と呼び、免疫細胞に司令を与える樹状細胞にがん細胞を攻撃させる支持を与える樹々細胞ワクチン療法なども特異的がん免疫療法の1つです。免疫療法は副作用もありませんので治療の際に苦痛やストレスを感じることがありませんので、がんの治療に取り組んでいる方は免疫療法を選択肢の1つに入れましょう。