高脂血症やがんの症状を改善|医学の最先端をsearch

看護師

女性のがん

看護師

女性特有の病気として挙げられるのが乳がんで、年齢が若い女性にも発症する可能性がありますので注意が必要です。乳がんは様々ながんの中でも比較的治りやすいがんと言われており、早い段階で発見して適切な治療を受けることによって根治させることが出来ます。乳がんの発見が遅れてしまうと他の臓器にがん細胞が転移してしまい、治療するのが困難になることもありますので乳がんの検診を定期的に受けるように心がけましょう。病院では様々な主類の乳がん検診を行なっているので、どのような検診を行なっているのか把握しておきましょう。
乳がんを早期発見したいのであれば、乳房専用のX線撮影であるマンモグラフィを使った検診を行なうようにしましょう。これまでの乳がん検診は触診でしこりなどを見つけるという方法が主流でしたが、触診ではしこりになる前のがん細胞や小さなしこりを発見することはできませんでした。マンモグラフィであれば小さなしこりやしこりになる前のがん細胞も発見することが出来ますので、早期発見に役立ちます。マンモグラフィ検診の弱点として挙げられるのが、乳腺が密集している若い年代の女性の場合はX線写真がぼやけてしまいしこりを発見できない場合があるという点です。若い女性が乳がんの検診をする場合には、超音波を使ったエコー検査を行なうと良いでしょう。乳がんができていないかどうか自分でチェックする方法もありますので、自己検診の方法を病院で指導してもらうと良いでしょう。